ブログトップ | ログイン

パグっ子ジョバへの片思い Giovanni, my lovely Pug!

ジョバさんのトレーニング復習お散歩

遅ればせながら、今月のパノラミス錠を服用。
半分を、お昼に、ひきわり納豆に混ぜて。
b0190666_23000494.jpg

残りの半分は、夕食に。
鶏の胸肉ミディアムレア茹で&摩り下ろし人参と一緒に。
b0190666_23024012.jpg



夕方、バケッツさんへお散歩に。
昨日トレーナーさんに教わったことを復習しつつのお散歩。

① カートの上部開口部から身体を乗り出さないようにする事。
(カートは主に、マンション共用部の移動に使用。)
これをすると優越感にひたるので、ワンちゃんや人に出会った時に、
吠えやすい状況をつくってしまうから。

今日、ジョバさんは、ワタシが指示しなくても乗り出すことはなかった。
アディさんが出ようとしたので、何度か指示して中に戻した。


② 散歩途中にある木の匂い嗅ぎの癖・・・基本、止めさせて、
飼い主が許した木のみにする事。
他のワンちゃんの匂いを嗅がせることで、
ワンちゃんに対する執着心を助長するから。

昨日、トレーナーさんが、がジョバさんに教えこんだ。
ワタシも指示の仕方を習った。

今日は、ジョバさん、木に執着しなかった。
ちょっと木に近寄ろうとした時も何度かあったが、
ちょっとだけうながすだけで、近寄ることなく通り過ぎた。

ひとつの木だけ、マテをさせて、ヨシの号令をかけてから、
匂い嗅ぎを許した。
b0190666_23150367.jpg


バケッツさんでも、トレーニングに協力していただき、
まずは、”ジョバさんから” おすわり・マテをして、中に入る。
(この間、パパさんがアディさんを外で待たしておいてくださった。)
その後、アディさんが、お座り・マテ(あやしいが)で中に入る。
b0190666_23010054.jpg


パグsが中に入ると、間をおかず、お客様がいらっしゃった。
ジョバさん、少し吠えたが、以前に比べ随分と落ち着いていた。
もしかしてお客様に吠えたのではなく、
その先にいるママさんに(まだちゃんとご挨拶してなかったので)
吠えたのかも。


その後、宅配の人がお店に来たが、いつもと違い吠えなかった。
b0190666_23011547.jpg

トレーニングの事などをおしゃべりしているうちに、
またまた長居してしまった。

そこで、お座り・マテをしてから外に出る。
ジョバさん、お別れの時に、いつものように吠えてしまった。


その直後、道幅の広い交差点で、
レトリバーと思われるワンちゃんが信号待ちをしていた。
5メートル弱離れており、ジョバさんは気づいていないと思ったのだが、
ジョバさん急に吠え出した。
ジョバさんが吠えるとアディさんも吠え出す。
(アディさん、ひとりの時は、吠えたことはない。)

「ダメ!」と言って、首輪をつかむが、それでも吠える。
これが、ジョバさんの一番の困ったな、なのである。
トレーナーの先生は、まだこの状態に遭遇していないのだが、
今後のトレーニングで、こういう状況をみてもらう予定。


しばらく歩いて、今度は、1-2歳児に出会う。
始めは大人しいので(いつものごとく)、ちっちゃいお友達は、
お母さまと一緒に近づいてくる。
ワタシは、しっかりとリードを握り締める。

最初は大丈夫なのだが、しばらくして、
ジョバさんが吠え出した。(アディさんも吠える始める。)
ジョバさん、ワンちゃんに会ったときほど、激しくは吠えないが。

「ダメ!」「いけない!」ときつく叱り、カラーを握り締める。
しばらくして落ち着いた。

ちっちゃいお友達は、吠えられて一瞬ひるんだが、
それでも近づいてきてくれる。
お母さまも「わんちゃん好きなんだよね」と言って、近づかせてくれる。

(状況を読み取った)アディさんが、自主的にフセをすると、
ちっちゃいお友達も一緒にお座りをする。
なんて可愛い子なんだろう。
お母さまも無理に引き離さずに、子供を見守っている。

しかしまた、ジョバさんが吠え出しそうな感じだったので、
ちっちゃいお友達にお別れをして去ると、
ジョバさんは、名残惜しそうに、後ろを振り向きつつ吠えながら進む。


犬やちっちゃい子に吠えてしまったことについては怒った。
この部分はまだトレーナーさんに見てもらっていない。

今日は、カートから乗り出さなかった事、
勝手に匂い嗅ぎをしなかった事については、
「先生に教わったこと、ちゃんと守れたね~」とジョバさんをほめてあげた。

by giova-haha | 2014-10-21 23:50 | お散歩 | Comments(0)