ブログトップ | ログイン

パグっ子ジョバへの片思い Giovanni, my lovely Pug!

<   2012年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

目薬点眼作戦

ジョバさんに目薬をさすのは大変。
まともにやると、力いっぱい首を左右に振って抵抗する。

そこで、目薬(ヒアレインミニ0.3)をテーブルの上に置いておいて・・・
b0190666_18435945.jpg


隙があれば・・・ すなわち 寝ている時を狙って・・・ 点眼!
b0190666_1844318.jpg


しかし、この角度では、眼が出ていることもあり、
目薬が眼の中に入らずに、空振りに終わることも多い。

両眼に1回1滴を、一日4回(開封後は冷蔵庫に保存し当日中に使い切る)
というのが指図だが、
先日、眼科の院長に確認したところ、多く点眼しても問題ないとのこと。

そこで、1回1本使いきる感じで、点眼できるだけ点眼することに。

点眼が終わると、すかさず、オヤツのある場所へと向かうジョバさん。
もれなくアディさんも付いてくる。
b0190666_18572448.jpg


さあ、お次はアディさんの眼軟膏だ。
b0190666_18583099.jpg


「きみはアディさんだな。」
タヌキのふりをして、眼軟膏をのがれようとしてもダメだよ。
b0190666_1915873.jpg


アディさんは、目をぎゅっとつむって一応、抵抗するのだが、
ジョバさんのように激しく抵抗しない。
b0190666_1925297.jpg


眼になじませる。
チューブから眼軟膏を1センチ位絞りだして入れる、という指図だが、
アディさん目がちっこいから、1センチも入れると、
なじませている段階で、軟膏が目の周りにあふれてしまう。
目の周りについた軟膏は拭きとらないと、かゆくなっちゃうんだって。
b0190666_1975197.jpg


目薬の消費量がすごいことになりそうだな。
でも、大切な目を守るためだからね。

さてさて、まだまだペーパードライバー脱出作戦展開中のワタシ。
朝、ジョバ父を会社に送ってく道は、かなり慣れてきた。
運転手付きのお車でご出勤・・・ うらやましいなぁ。

今日は思い切って、湾岸線を使って横浜まで行ってみた。
大型トラックが多いが、道は広いし、クネクネしていないので、
首都高の環状線に比べたら、ずっと運転しやすいかも。
でも、やっぱり緊張したね。

夕方戻ってきたら、ジョバ&アディがいつものようにお出迎え。

by giova-haha | 2012-12-19 19:21 | 健康 | Comments(6)

J.PRESS キャリーバッグ

寝っころがっているアディさんに・・・
b0190666_1113443.jpg

接近。
b0190666_112734.jpg

うわっ、変身したぞっ。
b0190666_113677.jpg


表参道ヒルズへ。
b0190666_1143847.jpg

ジョバさんを迎えた時から使っていた
ボックス型のキャリーが壊れてしまったので、
Hannari で、J.PRESSの8キロまでの仔用のキャリーを買った。
ジョバさんだと、ちょっと体重オーバーだが、
かなりしっかりとしたつくりだ。
b0190666_119291.jpg

キャリーやカートが大好きな王子は、さっそく品定め。
b0190666_1201176.jpg

最初は見守っていたアディさんだが・・・
「にいちゃんっ あっち いってっ!」
b0190666_124078.jpg

「わたしのもの」
b0190666_1244230.jpg

さすがにジョバ王子がだまっていない。
b0190666_1283721.jpg

「こらっ!やめなさいっ!」
b0190666_129566.jpg


アディさんにと思って、ぺティヒートのロンパース(Sサイズ)を買った。
でも思った通り、伸びる素材なのでジョバさんがパツパツで丁度いい。
パツパツじゃないと脱げてきちゃうから。
アディさんには、SSサイズを買ってあげよう、今度。
しかし毎度思うのだが、このおしりの開き具合なんとかならないのかな。
おしりの穴の部分を除いて、隠した方がしっくりくるような。
b0190666_1411563.jpg


今夜のパグSのご飯は、
鶏レバー・黒豚薄切り・舞茸・かぼちゃ・山芋・いんげん・つきゴマ。
b0190666_1354488.jpg


ジョバさんの眼。
目頭の方の白目が赤いのだ。
b0190666_1363855.jpg


表参道で はらロール を買った。
今回は甘み控えめの 青ロール。
パグSに、ちょっとだけスポンジをあげた。
小麦粉を使わないで、お米の粉でつくってるらしい。
b0190666_1461911.jpg

by giova-haha | 2012-12-17 11:59 | 犬グッズ | Comments(6)

強烈ななで肩

車で近場にでかけた。
ジョバ父のオーディオショップめぐりに付き合って。
パグsも気晴らしに一緒に。
外には出なかったが、車の中でまったり。
b0190666_1948455.jpg

b0190666_19492317.jpg

アディさん、避妊手術の傷はすっかりふさがっている感じだが、
念のためにつなぎの服を着せて傷口を覆うようにした。
b0190666_19514663.jpg

サイズは合っているようなのだが・・・ 時間がたつにつれて・・・
すっごくはだけちゃった。
b0190666_19522859.jpg

強烈な なで肩 なのかしら。
b0190666_1953452.jpg

b0190666_19532337.jpg

ジョバさん、他犬のこと言えないでしょ。
アディさんほどではないが、キミもかなりの なで肩 ですよ。


ジョバさんの眼の様子を記録にとっておこう(2012.12.16)。
b0190666_19543116.jpg



東京豚骨拉麺ばんから 秋葉原店 に行ってみた。
べつにだな~
生のにんにくを、つぶし器で入れられるのはいい。
b0190666_19595071.jpg

やっぱり(先週末&昨日行った)神保町の覆麺 がいいな。
b0190666_202795.jpg



写真を整理していたら 12月3日の夜に撮った写真に気がついた。
ワタシが外出先から戻ってくると、
廊下とリビングの間のドアの、細いガラス窓からジョバさんが覗く。
左眼で覗いている。
この時は、左眼が今よりは見えていたのかな?
それとも右眼の視界に入っているだけだろうか。
b0190666_20105930.jpg

b0190666_20111216.jpg

b0190666_20112490.jpg

b0190666_2011427.jpg

b0190666_20115573.jpg

いつ剥離が起こったのかは定かではないが、
眼科で担当していただいた先生は、
(院長先生いはく)網膜の権威だそうなので、
やはり先生の見立て通り、
手術で視力回復不可能な位、
時間は経過してしまっているのだろう。
by giova-haha | 2012-12-16 20:16 | パグの不思議 | Comments(2)

へんなの~ パグ

今夜のパグsの夕食は・・・
鶏レバー・鶏ささみ・舞茸。
b0190666_22482544.jpg


昨日は頭痛で、一日中寝込んだ。
でも、ジョバさんの眼のことで、どうしても確認したいことがあり、
眼科に電話したら、その日の夕方、医院長先生が時間をとってくださった。
理論的、かつわかりやすく説明してくださった。
最後に「お気持ちはわかりました。」とも言ってくださった。
この時受けた説明は、明日にでも記録したいと思う。
今日はなんか、まだ頭が働かないので。

とっ、いいつつ、お昼はしっかりラーメンを食べに行った。
神保町の 覆面。
先週末に初めて食べに行って、惹かれたのだ。
食べている時の美味しさ感もさることながら、
食べた後のすっきり感が胃にうれしいのだ。
b0190666_22581621.jpg


ジョバさんのおしりの匂いをかぐアディさんの図。
へんなの~。
b0190666_22583453.jpg


手なめするジョバさんを見守るアディさんの図。
へんなのぉ。
b0190666_22592483.jpg

by giova-haha | 2012-12-15 23:01 | パグの不思議 | Comments(2)

Happy Birthday Adina!

Happy Birthday Adina!
b0190666_1846148.jpg


1 year old.
元気で長生きできますように。
b0190666_18462125.jpg


「ジョバちゃんも いろいろと ありがとね。」
b0190666_18465298.jpg

「これからも アディちゃんを よろしくね。」
b0190666_18473550.jpg


イチゴだけあげた。
b0190666_18483378.jpg

b0190666_18485664.jpg


この写真、アディちゃんだよね?
あれっ、ジョバさんかな?
b0190666_18493250.jpg


これはジョバさん。
b0190666_18495760.jpg


アディさんは避妊手術後でお散歩禁止なので、
ジョバさんと一緒に注文していたケーキを取りに行った。
b0190666_18513897.jpg


イチゴ以外は、ワタシの胃の中へ入ることとなる。
by giova-haha | 2012-12-14 18:54 | 思い出 | Comments(16)

今夜はもう、徒然なるままに、いっちゃいます。
これはワタシの日記、今夜はもう、体裁なんか気にしない。
あっ、でもやっぱ気にするかな。

友達はワタシの代わりに泣いてくれると言った。
ブログを通してのお友達も(勝手に友達にしてるけど)
泣いてくれたり、励ましてくれり、アドバイスをくれり、
頼りにさせてくれたり・・・
正直うれしい。単純にうれしい。

でも理性的に考えれば、そんなに悲しむことではないのだ。
犬は自立しなくていい。
ワタシが一生面倒をみればよい。
人間の子供とは、ここが違う。
泣くことではないのだ。

でも、悲しいというか・・・ 胸が苦しい。泣きた~い!でも泣かない。

理性的なワタシと、感情的な(正直な?)ワタシが混在している。

今朝、4時前に眼が覚めた。
ベッドの中で、つらつらと考えて・・・
「やっぱり網膜剥離回復の手術をしよう!
 先生は手術をしても視力は回復しないと言ったが、
 剥離を元に戻せば、ワタシの魔法が効きやすくなる!」
と思い立って、飛び起きた。

朝になったら、トライアングルに電話しようと思った。

朝になるまで、
犬の網膜剥離回復手術についてネットサーフィンした。
人間の手術の記述はあっても犬についてはない。
英語の記事があった。
結構大変な手術みたいだなぁ。

そのうちに
酒粕を使わない米と麹だけを使った甘酒を
犬に飲ませるという記述に出会う。
うちにもあるぞ~
朝、ジョバさんとアディさんにちょっとだけ試してみた。
動物病院が開いている時間帯。
もしなんかあったら駆け込めるから。
眼に効くかなぁ。だれも眼に効くなんて言ってないのに。
b0190666_035215.jpg


まったく眼が見えないワンちゃんの記事を読んだりして・・・
朝の時間が過ぎて行く・・・

トライアングルに電話しようと思って気がついた。
今日は木曜日、お休みの日だった。
なんか勢いがそがれちゃったなぁ。

夕方、郵便物を取りに行ったら、
ARKでスポンサーになっているエビス君の写真入り葉書が届いてた。
通信費を抑えるために、こういう葉書は辞退する方がいいんだろうけど、
エビス君の写真、楽しみにしてるんだよ~
エビス君の写真を眺めてたら、なぜかふっと、
「明日アディさんの誕生日だ~」って思い出した。

あわててSHUNに電話して、バースデーケーキを注文した。
チョコレート使わないで(プレート以外)、
クリームとイチゴだけでお願いしま~す。
ほとんどはワタシがたいらげるのだが、パグSにもあげるよ。
すでにSHUNのケーキ、パグSお試し済み。
アレルギーも起こさなかったし、ウンも良好だったしね。
b0190666_184250.jpg


夜、生まれて初めて、料理教室に行った。
先週ランチに行った たまな食堂 の野菜がおいしかったので、
そこで開かれる たべごと教室 に予約していたのだ。
b0190666_0564258.jpg


「ジョバさん、行ってくるね。お留守番お願いね。」と声をかけると、
リビングのソファーから、第二部屋のソファーにジョバさんが移動した。
留守中はここで待ちたいみたい。
アディさんもひっついてくる。
b0190666_0573452.jpg


たべごと教室、また参加したい。
野菜嫌いのワタシが、さくさく食べられる。
b0190666_059533.jpg


教室で一緒だった方と表参道駅のホームで別れると・・・
心が重くなった・・・ ジョバさん、ごめんよ。
ワタシのせいだよ・・・ もっと早く気づけたよ。
ワタシがもうちょっと勉強していれば。
なんだよっ、所詮、慰めてほしいのは自分なんだな。
ジョバさんが一番大変なのにさっ。
b0190666_141121.jpg


パグSの夕食は豚肉。
キャベツに、つきゴマとカルシウムを混ぜて。
ゴマってビタミンE入ってたっけ?
ビタミンEって眼にいいんだよね?
(んてっ、ちゃんと自分で調べろよ!)
b0190666_1184661.jpg


あ~ 総選挙も都知事選もあるよ。
マニュフェスト、全然調べてないよ~
パグ党がありゃ~ なんの迷いもなく投票するのに。

ジョバさんの眼対策 To Do List とか Action Pan つくらねばなぁ。
ぐじゅぐじゅ考えてるだけではダメだぞ~
でもなぁ あ~~~
by giova-haha | 2012-12-13 11:59 | グルメ | Comments(8)

昨日、眼の専門医で検査を受けたジョバさん(現在、3歳8ヶ月)。

【結果】
 左眼は「網膜剥離で視力なし」

 網膜剥離を起こしていると緑内障になりやすい

 緑内障になった場合は出血があるので見てわかる
 眼圧も高くなる
 
【原因】
 硝子体変性(両眼とも)
  眼底写真に、もやもやっとした白いものが写っている
  ゼリー状のガラス体が、水状や繊維状になって変性すると、
   それに引っ張られて網膜が剥離する

 おそらく先天性
  パグは網膜剥離を起こしやすい犬種ではないものの

 ヘッドシェイクを頻繁にするのも原因と考えられている

 外傷によるものではないであろう
  外傷であればその他の部分にも何らかの形跡が残るはず

【治療法】
 網膜剥離発症後、2週間以内であれば手術で回復可能
  手術ができるのは、この病院と北海道の2ヵ所のみ

 おそらく2週間以上経過している状態
  眼底写真で血管が確認できない等の様子から判断
  従って、手術を行っても視力は回復しない

【予防策】
 右眼も硝子体変性がみられるため、網膜剥離になるリスクあり
 
 右眼に「網膜レーザー凝固手術」(要、全身麻酔)を行い
  網膜が剥がれるのを予防する
   100%の予防法ではない
   網膜の周囲は凝固可能だが、中心部周辺は凝固できないため

【両眼の写真】
 左右の瞳孔の大きさが違う
 右は視神経の集まっている(丸い明るい部分)が確認できるが、
  左はぼんやりとしか確認できない
 右は血管が確認できるが、左はほとんど確認できない
 右眼にも、もやもやっとした白い部分がある
b0190666_1341422.jpg

b0190666_1344834.jpg

b0190666_1351942.jpg


b0190666_13223047.jpg


右眼の視力を守りたいので、網膜レーザー凝固手術を行うことを即決した。
全身麻酔の手術ではあるが、視力を守るのが最優先と判断。
ジョバさんは鼻腔狭窄と軟口蓋過長の手術を行っているため、
麻酔のリスクは、一般の短頭種に比して少ないのも後押しした。
しかもこの病院、手術の経験は豊富であろう。
術前検査は、かかりつけのパティさんで事前に行う。
b0190666_13221100.jpg


今回の診察に、パティさんの先生が立ち会ってくださった。
お忙しいところ、ありがとうございました。
b0190666_1328286.jpg


網膜剥離とは別問題だが、色素沈着も起こしている。

目薬(ヒアレイン)を毎日さすことに。
一回に両眼一滴ずつ点眼。
一日で一本を使い切る
b0190666_1434359.jpg


軽快に歩いて病院へ向かうジョバさん。
アディさんはお留守番なので、久しぶりの一頭引き。
b0190666_13331783.jpg


病院の広い待合室で、順番を待つジョバさん。
看護師さんが出入りする度に、しっぽをふってかまってもらいたい様子。
出入り口をじっとみつめていた。
b0190666_13312158.jpg


しばらくだれも入ってこないと、あきらめて寝だした。
b0190666_13341254.jpg


ところが、この後、パティさんの先生が入ってくると、大変なことに。
うれしすぎて、吠えたあげく、遠吠えまでしちゃったのでした。
b0190666_13351844.jpg


病院の帰り道、ジョバさんが先導して、 bucketts さんに寄った。
愛犬のフレンチさんは眼がみえないので、色々とアドバイスをいただいた。
また、飼い主がへこむと愛犬にも伝わってしまうということなので、
泣きたくなるが泣かないことにした。

まだ右眼があるさ。ご飯もおいしく食べられるさ。飼い主と一緒に寝れるさ。
大好きな人間と触れ合えるさ。一生守ってあげるさ。

ジョバさん、今はまだ右眼がみえるから、生活に不自由はないと思われるが、
万が一のことが起こったときのためにも、手による指図だけでなく、
声かけによる指図を積極的に行っていこうと思う。

なんか可愛そうになって甘やかしそうになるが、それはやめよう。

網膜剥離の一因と思われるヘッドシェイクだが、
確かにジョバさんはアディさんと比べて、頻繁に行う。
ヘッドシェイクをやめさせることは難しいが、
シャンプー中に必要以上にヘッドシェイクしないよう、
頭の近くに直接シャワーをかけるのはやめよう。
濡れタオルでやさしく拭くだけにしよう。
ロープのおもちゃをブン回すので、ロープ系は撤収。
そういえばアディさんはあまりブン回ししないなぁ。

医学的な診断はさておき、ジョバさんの左眼に手を当てて
魔法をかけつづける・・・ 「眼が良くなるよ~♪」

眼科の先生がやっていた眼がみえているかどうかの
診断方法を真似して、たまにジョバさんとアディさんにやってみよう。
両眼が見えなくなってしまえば、飼い主にもはっきりわかるが、
片方だけが見えないと、なかなか飼い主にはわかりにくから。

・片方の眼を手で隠す
・隠していない眼の前に、グーにした手をパッとひらく
・見えていれば、まばたきするはず

b0190666_13565750.jpg

アディさんは避妊手術後1週間はお散歩禁止なので、
慣れないひとりお留守番となった。
戻ってくるとさっそく兄貴の匂いをかぐ。
ジョバさん、いいにおいするもんね。
by giova-haha | 2012-12-12 14:08 | 健康 | Comments(19)

左目の視界に問題ありか

最近、ジョバさんの眼が赤茶色いことが多いのが気になっていた。

以前から外に出ると、眼が赤っぽく充血したようになってはいたが、
家に戻ってしばらくすると元に戻っていたのだが。
b0190666_1150446.jpg


数日前、ジョバさんが斜め後ろに後退していた時に、
本犬の左側の壁の角に顔をぶつけた。

そいうえばここ数ヶ月、家の壁の角や、外のポールに
顔や頭をぶつけることが多い気がする。
外を歩くとき、ジョバさんはワタシの左側につくことが多いので、
おそらくぶつけているのは本犬の左側だと思う。
b0190666_11493827.jpg


年を重ねてきて(現在4歳弱)、
少し反射神経が鈍くなってきたのだろうか・・・
ボールを投げると取りに行って、戻ってくるので、
眼がみえていないわけではないし・・・ などと考えていた。

昨日、避妊手術を終えたアディさんを迎えにいくついでに、
病院で診てもうことにした。
きっと目薬を処方されるかなぁ・・・ くらいに考えていた。
b0190666_1152393.jpg


眼の検査を一通りしていただいた。
涙量測定、眼圧測定、光に対する瞳孔の反応、網膜の写真撮影など。
b0190666_1202676.jpg


暗くした診察室の中で、
先生が光をジョバさんの眼に照らして、観察した結果、
左側の瞳孔が光に反応して収縮していない、との事。
右側は、光に反応して、瞳孔が大きくなったり小さくなったりしていた。
b0190666_11564392.jpg


カメラ撮影の結果、網膜の視神経が集まっている部分の周辺に、
もやもやっとしたものが写っている模様。

細菌検査は異常ないようだ。

眼圧も高いわけではないので、緑内障というわけでもないようだ。
b0190666_1265026.jpg


さらに詳しく調べるために、紹介状を書いてもらい、
眼科の専門医(トライアングル)で、本日午後、診察することになった。
予約していても待つようなので、帰る頃はまっくらだろう。

かかりつけの病院に行く途中に通る病院なのだ。
「いつかはここにお世話になる日が来るのかしら・・・
 お世話にならないで済めば、それがなによりだけど」
などと、通り過ぎる度に、思っていたのだ。

ジョバさんがまだ若い時、かかりつけの病院に行くために、
最寄の駅のタクシー乗り場からタクシーに乗った途端、
「目医者さんですか?」と運転手さんに言われた。
犬を連れてタクシーに乗るお客さんのほとんどが
トライアングルに行く人だと言っていたっけ。

遠方から来ている患者さんが多い中、
歩いていかれるのはありがたいことではあるが・・・
やっぱりできればお世話になりたくなかった。

取り越し苦労になればいいのであるが、
万が一眼が見えなくなった場合の
生活環境の改善や躾の方法など、色々と考えてしまう。

ジョバさんの左目に手をあてて、
「眼がよくなる~」と魔法をかけることにした。


待合室でワタシのひざに乗り、
大好きな先生や看護師さん達がいる診察室の方をじっとみつめてるジョバさん。
b0190666_1220534.jpg


ところが「ぼくは ひとりで すわりたい」といった感じで、
隣の椅子に移動し、寝だした。
b0190666_12232696.jpg


色々と検査をしたので疲れちゃったんだね。
b0190666_1224467.jpg


病院からもどってきた昨日の夜、
普通に歩くスピードで家のなかを前進していて、
左側にある犬用のゲートに顔をぶつけた。
もう何年もその位置に置いてあるゲートなのに。
やぱり左側の視界に問題があるのではないだろうか?


ところで、避妊手術後一夜明けたアディさんは・・・
とっても元気で食欲も全開!

お腹の傷口の見た目は・・・ まったく痛々しくない。
傷口を気にすることもなく、痛がっている様子もない。
先生が以前「うちの手術のやり方だと、傷口を気にしないと思うので、
エリザベスカラーは必要ないと思う。」とおしゃっていたっけ。
b0190666_12334232.jpg


お腹の毛がそられちゃったので、寒々しいけどね。
b0190666_12345062.jpg

by giova-haha | 2012-12-11 12:47 | 健康 | Comments(8)

「アディちゃん、手術が終わったらちゃんと目を覚ますんだよ。
 終わって戻ってきたら、美味しいご飯、食べさせてあげるからね。」

朝、何度も、
今日の避妊手術(ついでの鼻涙管洗浄&マイクロチップ挿入)
について説明し、
先生と看護師さんの言うことを聞くようにと、言い聞かせた。
b0190666_23334140.jpg


いつもはジョバさんの乗る助手席に、
アディさんを乗せて病院へと向かう。
後部座席に乗せると前の様子をうかがおうとするので、
手術前に興奮させたくなかったのだ。
b0190666_23373495.jpg


術前検査(レントゲン&血液検査)の結果を待つ。
アディさんは、先生や看護師さんに会えて、
尻尾を振って、喜んでいた。
b0190666_23415392.jpg


血液検査の結果・・・

・尿素窒素の数値が高めなのは、お肉を食べているからであろう。
(ジョバさんの直近の検査でも、同じ結果が出ていた。)

・白血球数が高いので、さらに詳しく調べたところ、
 好酸球が高い=> 発情後の影響か。病院に来て興奮しているからか。

レントゲン検査は異常なし
 気管虚脱は、以前より(鼻腔&軟口蓋手術前より)やや良くなっている。

b0190666_0473754.jpg



アディさんを病院に預けて、家に戻る。
まずはジョバさんの朝ごはん。
アディさんが朝ごはん抜きだったので、
ジョバさんにも付き合ってもらっていたのだ。
b0190666_23571475.jpg

おおきなおちり。
これをムニムニするのが好きなのだ。
b0190666_23585482.jpg


その後、掃除機をかけて、スチームクリーナーで除菌をする。
ほんの気休めだが、なるべく清潔な環境でアディさんを迎えたかった。

ジョバ王子は、久しぶりの一人っ子。
ここぞとばかりに、ワタシのレッグウォーマーをぶん回したり、
ボールを持ってきて遊んでもらおうとする。
いつもはアディさんにボールを奪われてしまうんだよね。
b0190666_2351325.jpg

b0190666_23515782.jpg


夕方、病院から連絡が来るのを待ちきれずに、
病院に向おうと家を出ようとした。
とっ、その時、揺れているような感じがした。
窓は閉めているのに、ブラインドが揺れていた・・・ 地震か?
テレビをつけてみたが、地震速報は流れていなかった。
でも、確かに揺れていた。

ジョバさんはお留守番させるつもりであったが、
不安になったので、一緒に連れて行くことにした。
「ついでに、最近気になっている眼を診てもらおう。」
(ところが、これが思わぬ結果に・・・)
b0190666_092182.jpg


さてさて、かなり早めに病院に迎えに行ってしまったので、
アディさんはまだ麻酔から覚めていなかった。
b0190666_0113030.jpg


当初は、卵巣のみの摘出の予定であった。
(従来は、卵巣&子宮を摘出するのが主流であっったが、
 卵巣を摘出すればホルモンが出なくなり、
 子宮蓄膿症になる危険性は少なくなるため、
 傷口が小さくて済む、卵巣のみの摘出が最近の主流、との事。)

ところが、アディさんの子宮が通常の状態の2倍程の大きさがあり、
摘出して、念のため、病理検査に出すことになった。

【この次にホルマリン漬けになった摘出した部分の画像あり】
(苦手な方はスルーしてください。)
b0190666_124758.jpg


左端の赤いのが子宮。
右端の白く丸っぽいのが卵巣(たぶん)。
大切なアディちゃんの身体の一部であったのだ。ありがとう。
b0190666_0195984.jpg


全身麻酔をしたついでに、鼻涙管の洗浄もした。
ところがアディさん、目頭の際の白目の部分が、うす黒いのだ。
目を完全につぶって眠らないので、ドライアイが進行しているようだ。
また、涙の穴は、奥の方に入り込んでいるとの事。
眼軟膏を一日3回塗ることになった。
b0190666_028127.jpg


アディさん、家にもどってきたからも眠そうであった。
でも、傷口を気にしている様子はない。
(エリザベスカラーは不要と、病院から言われていた。)
抜糸の必要がない糸(2種類)で、傷口は縫合されている。

普段の一回分の半分のご飯をあげた。
消化がよくて柔らかいものと思い、
当初は鶏のささみを予定していたのだが、
想像以上に帰りが遅くなってしまい、
病院から戻ってスーパーに行ったら、売り切れていた。
そこで、マグロとカツヲのお刺身をボイルして、少しづつあげた。
b0190666_0363525.jpg


アディさんの避妊手術が無事に終わって本当に感謝。
応援していただいたおかげです。

ところがジョバさんがまさかのトライアングル送りとなってしまい・・・
明日、眼の専門医に行ってきます。
by giova-haha | 2012-12-10 23:59 | 健康 | Comments(2)

パグの毛の疑問

シャンプーもしたし・・・
明日の避妊手術の成功の前祝といきましょう。
b0190666_22401386.jpg

b0190666_22405735.jpg
b0190666_22412176.jpg

もう作ったもん、冷ましてるんだよお。
b0190666_22422029.jpg

アディさんのシャンプーをしながら考えた・・・

丁寧にブラッシングをした後も、シャンプーをした後も、抜け落ちるパグの毛。
手術中にパグの毛が舞い上がって、
お腹の中に着地しちゃって、
そのまま縫われちゃったら、
永遠にパグの毛がお腹の中に残るのだろうか? と・・・

まあ、人間の手術でも、空気中のチリがお腹の中に
着地したりするんだろうから・・・ そういうものなのかな。

b0190666_22474285.jpg

アディさんの手術は無事に終わります。
b0190666_2249476.jpg

by giova-haha | 2012-12-09 22:55 | 健康 | Comments(6)