ブログトップ | ログイン

パグっ子ジョバへの片思い Giovanni, my lovely Pug!

麺屋のろし

秋葉原 麺屋のろし。
函館からの進出らしい。
たまに行く青島食堂にも近い。
b0190666_13292731.jpg



辛味噌ラーメン。
スープは辛い。でも、味噌の(麹かしら?)良い香りが鼻に残る。
b0190666_13292950.jpg



この前は、特製味噌ラーメン。
b0190666_13293273.jpg



辛いのより、普通の味噌の方が好み。

それと、もやしは"炒めて"あると思う。茹でたもやしより、断然よい。

今度は塩ラーメンを試してみたい。


急に涼しくなって、久しぶりにバケッツさんまでお散歩に行くことができた。
1ヶ月以上ぶり。
暑い夏、ほぼ引きこもりだったパグs。
飼い主も2週間イタリアに行ってたしね。
ジョバさん、目的地が解っているので、意気揚々と歩いてた。
b0190666_13293483.jpg



by giova-haha | 2015-08-30 12:44 | グルメ | Comments(0)

あごのせ

b0190666_13254046.jpg
b0190666_13254216.jpg
b0190666_13422020.jpg

by giova-haha | 2015-08-29 13:24 | パグの不思議 | Comments(0)

ミラノのワインショップで購入したワインが届いた。
発送から4日で届いた。
b0190666_16505606.jpg


日本への発送は、ヤマト運輸と提携しているらしい。
b0190666_16513380.jpg


Wine Tip というお店。
ミラノの中心街から地下鉄に乗って行った。
マンションが並ぶ住宅街にあって、お店だとは気づかない。
b0190666_17085953.jpg
b0190666_17091074.jpg


お店の地下は広くって、ワインがどっさり。
セラーの中も見せてくれた。
b0190666_17100349.jpg


まだまだ寝かせておくというワインたち・・・
b0190666_17094711.jpg
b0190666_17093802.jpg


1969 Chateau Haut-Brion
1969年のシャトー・オーブリオンがさりげなくおいてあった。
コルクの状態が良くないので、輸送には向かないとの事。

購入して、その日に飲むことに。
まずその場でお店の方たちと一緒にテースティング。 
なんとまぁ、強烈なセメダインの香り。

お店の人は、マニキュアの香りっていってた。
ヴィンテージ・ワインってこういう香りがするそう。

開栓してから一日以上置くこともあるらしい。
時間とともに香りが変化し、突然花開く、というのだが・・・
b0190666_17255073.jpg


ヴィンテージ・ワイン専用のコルク抜きを使って慎重に開ける。
b0190666_17255617.jpg
b0190666_17260262.jpg

昔のコルクは、今のコルクに比べて長いそうだ。
b0190666_17294256.jpg


残りは持ち帰って、
ホテルのバーでチーズと一緒にいただくことに。

バーのスタッフにもおすそわけ。

ちなみにこの時のホテルは、
Carlton Hotel Baglioni

お部屋は広くってなかなかよかった。
部屋からの景色は中庭に面していて、よくなかったけど。
b0190666_17303605.jpg
b0190666_17304545.jpg

さらに残りは一晩放置して、
翌朝(チェックアウトの朝)飲んだ。
b0190666_17300230.jpg
さてさて、届いたワインの特徴と合うお料理の覚書。
お店の人にひとつひとつ教えてもらってメモしたのだ。
その2に続く・・・

by giova-haha | 2015-08-10 23:33 | 旅行 | Comments(4)

ヴェローナからの日帰り旅、その二。

マントバ
人口湖囲まれた町。
b0190666_16020401.jpg


車両規制区域に入る前に、
お城の近くの駐車場に車を止める。
b0190666_15511730.jpg


町中のペットショップのわんちゃん。
リリさん。
b0190666_15514632.jpg


お城の前の広場で昼食。
ここのオーナーと思われる方が、
道行くお客さんを呼びこんでいたのだが、足をとめると、
弾丸のようにメニューの説明をしだすのがおもしろかった。
ワタシ達も含めて、お客さんがすいこまれていく。
b0190666_15522122.jpg


お食事はまずまずといったところ。
b0190666_15525543.jpg


マントバ風?のリゾットのようだが、
ぱさぱさしてて、あまり好みではなかった。
他のお店でも、この形式のリゾットを食べてる人をみかけた。
b0190666_15524186.jpg


塔の上に登ってみた(有料)。
b0190666_15543356.jpg

塔の上からの風景。
b0190666_15534800.jpg
b0190666_15540855.jpg


その後、お城の方へ戻ると、リゴレットの家を発見。
オペラのモデルになった家といった感じだろうか。
b0190666_15550789.jpg

リゴレットの舞台想定は、マントバ。
リゴレット像。
b0190666_15563864.jpg


このバルコニーで、
ジルダが公爵想って歌っているところを想像してみた。
b0190666_15565143.jpg


町中にあった町の地図・・・ よく見ると・・・
b0190666_15573126.jpg


リゴレットがいる、そしてスパラフチーレとある。
リゴレットがスパラフチーレの家に暗殺の相談にいってるのか。
b0190666_15575748.jpg


お城から数分、湖に近い公園。
b0190666_16001930.jpg


わんちゃんのお散歩もマナーを守って、といったところか。
b0190666_16004344.jpg
b0190666_15594088.jpg

by giova-haha | 2015-08-05 17:36 | 旅行 | Comments(0)

ミラノから、コモ湖、そしてヴェローナと、
レンタカーで移動してきた。

ヴェローナ滞在中、日帰りでシルミオーネ Sirmione へ。
b0190666_07190996.jpg


ガルーダ湖に突き出すような小さな半島。
以前訪れた時は、ヴェローナから電車とバスで移動したのだが、
バスがわからなくて苦労したけっけ。
b0190666_07082718.jpg


ここにはエットレ・バスティアニーニが亡くなったお家がある。
若い頃に亡くなってしまったので、
生の声を聴くことはもちろん、映像も色々さがしたが手に入らず、
CDでその声を聴くのみだが、
一番大好きなバリトン。ヌッチよりも好き。
最高のヴェルディ・バリトンだと思っている。
b0190666_07134761.jpg


全体がひとつのお家というわけでなく、
アパートのようになってると思う(少なくとも現在は)。

壁にプレートがある。
日本のバスティアニーニ研究会の方々が設置したようだ。
b0190666_07211856.jpg


Ettore Bastianini
1922 - 1967
b0190666_07150733.jpg


半島の真ん中あたりにお城があるのだが、
そのずっと手前で車を駐車した。
お城の先は、ホテル滞在者とか、居住者の車しか入れないようだ。
ヴェローナもミラノも、旧市街は車の規制区域がある。
間違って入っちゃうと罰金らしい。
b0190666_07173436.jpg


巨大ジェラート
b0190666_07183166.jpg

 
お店の軒先にパグちゃんの置き物が。
他の犬種の置物もあったんだけど、
パグが一番目立つところに置いてあった!
連れて帰りたかったけど、壊れちゃったら悲しいからやめといた。
b0190666_07204636.jpg

半島の先端に歩いていくと、ビーチのようになっていて、
浅瀬で泳いでいる人々も。
b0190666_07252199.jpg


半島の先端の上の方に登っていくと、見晴らしのよい高台へ。
b0190666_07185117.jpg


オリーブの木がいっぱいあった。
b0190666_07221954.jpg

by giova-haha | 2015-08-05 07:45 | 旅行 | Comments(0)

Arena di Verona Opera Festival

ヴェローナ野外オペラ
b0190666_16290301.jpg

まずはアイーダ AIDA を鑑賞。
アイーダ自体は特に好きな演目というわけではないのだが、
古代ローマ劇場の雰囲気とスケールをいかした演出が
すばらしく、やはり外せないかと。
b0190666_16392941.jpg


翌日はセヴィリアの理髪師 Il Barbiere di Siviglia
舞台演出はアイーダに比べるとシンプルだが、
最後に花火が上がって、屋外ならではの演出。
この日は雨で、開演前にあがったものの、
フィガロが登場する前に降り始めて一時中止。
でも、その後はなんとかもちこたえた。
b0190666_16402622.jpg


オペラが終わるのは真夜中なので、
ホテルは劇場から歩いて5分ほどの Hotel Accademia にした。
b0190666_16311809.jpg


このホテルから歩いて2分ほどの裏通りにあるレストラン。
たまたま通りかかって、雰囲気がよさそうだったのと、
メニューにピザがないことが気にいって、
オペラのない日の夜の夕食の予約をした。

あとから調べてみたら、なんと大阪に支店があるようだ。
Trattoria al Pompiere
b0190666_16413648.jpg
b0190666_16505204.jpg

生ハム
真ん中がラード Lardo della Lessinia。
左がクラテッロ Culatello di Zibello。
b0190666_16462699.jpg
b0190666_16471153.jpg


このパスタ Tagliolini うまっ。
きのこのソースがこれまた美味しい。
ソースは好みでアレンジしてもらえるのだと思う。
b0190666_16572397.jpg


Venetian style calf liver
b0190666_16473324.jpg


Beef cheeck with Amarone sauce
b0190666_16480378.jpg


最後に甘口のワイン。
b0190666_16484315.jpg
b0190666_16490684.jpg


くせのある(香りの強い)チーズを選んでもらった。
名前はわからないけど、ひとつとっても気に入ったのがあった。
なんかアンモニアのきつい匂いみたいなチーズ。
b0190666_16492360.jpg


そして翌日もまた夕食に。
この日はオペラが9時からあるので、その前に。
金曜日だったせいか、前日よりも混んでいた。
ホテルもいきなり混みだした感じ。
週末にオペラを観に、ヴェローナに泊まる人が多いのかしら。
b0190666_16523704.jpg


Spaghetti con pomodoro
b0190666_16530813.jpg
b0190666_16532418.jpg


Thin-sliced sirloin of beef
Tagliata di controfiletto di manzo
スプリットしてもらったので、写真は半分の量。
b0190666_16540150.jpg

by giova-haha | 2015-08-03 17:54 | 旅行 | Comments(0)

Ristorante MISTRAL - Bellagio


ミシュラン☆ひとつ星のレストラン
MISTRAL

滞在したコモ湖のホテルの中にある。
b0190666_14413820.jpg


【MOLOCULAR COOKING のコース】
「素材の物理的構成を分析し、調理中の分子反応を考慮して調理する」
そうだ・・・?


Sicilian red prawns with quacamole ice cream,
coconut cream and cuttlefish in waffles
b0190666_14442777.jpg

"Curdled" egg filled with sweet herbs and
tartare of "Fassone" beef topped with pink pepper
b0190666_14451526.jpg

Celeriac dumplings with peas cream and caviar
b0190666_14453125.jpg
Turbot fried in sugar with steamed vegetables,
mashed potatoes and leek sauce
b0190666_14470308.jpg
Veal cooked at low temperature with inuline Sabayon,
fried potato and caramelised onions
b0190666_14475620.jpg

New Italian mint meringue filled with wild berries,
marinated strawberries and chocolate sauce
b0190666_15224371.jpg
ナイトロジンを使って瞬時にクリームを固まらせて、
目の前でアイスクリームを作ってくれる。
Fondant peach with raspberry sauce,
almonds and nitrogen frozen ice cream
b0190666_14485575.jpg



【普通のコース】
b0190666_14444586.jpg

フォアグラ
b0190666_14450281.jpg

ラビオリ
b0190666_14454448.jpg

ロブスター チーズ焼き
b0190666_14471864.jpg

Suckling Pig
b0190666_14473846.jpg

デザートはカンノーリ

甘いものはあまり食べないワタシだが、
これが一番おいしかった。
b0190666_14481575.jpg


分子レベルのお料理よりも、
普通のお料理の方が好き。

湖を眺めながら、最高のロケーション。
みなドレスアップして優雅にお食事。

コース料理は各々150ユーロくらい。

ボトルの白ワイン56ユーロ
(白ワインおいしくなかった。ちょっと安かったのかな?
でも35ユーロくらいの白ワイン多かったから、
中間の値段をとってソムリエに選んでもらったんだけど)。

グラス赤ワイン2つで70ユーロくらい。

ん~ でも、ごめん、
東京のレストランの方が美味しいと思ってしまった。

b0190666_14494938.jpg

by giova-haha | 2015-08-02 08:55 | 旅行 | Comments(0)